脱毛サロン、クリニックそしてニードル脱毛

プロ脱毛

自己処理でなくプロに脱毛をやってもらうには、大きく分けて2つの方法があります。ひとつはサロン、もうひとつはクリニックです。

サロンは美肌効果があり、肌に優しいのが特徴ですが、クリニックに比べると脱毛効果はあまりありません。

一方クリニックはレーザーを使いますので、特に色の濃い体毛には効果があります。しかし二の腕などの体毛のように、色の薄い場合にはそれほど効果はありません。部位によって使い分けるという方法を採ることもできます。

通う回数や周期は、両方ともそう変わりません。回数は最低でも6回、多いと10回以上通うこともあります。そして脱毛処理は、2か月から3か月に1度の割合です。

これは体毛の生え変わりのサイクルに合わせるためで、このサイクルを毛周期といいます。ですから脱毛をしてもらう時は、かなり余裕を持たせて通うようにしましょう。

今から始めて半年後に完全脱毛というのは、かなり難しそうです。ただ、脱毛効果は人によって異なります。早い人は4か月ほどで脱毛ができ、その後2度と生えてこないこともあります。

そして費用ですが、これはサロンの方が安いです。特に脱毛サロンなどは、数千円程度でできてしまうこともあります。クリニックは保険が適用されないので、料金は高めになります。

しかしクリニックは自由診療であり、料金もクリニックによってまちまちなので、予算に合わせてクリニックを選ぶこともできます。もちろん部位によっても料金は違って来ます。

脇の下などは数万円ほどでできますが、VIOゾーンなどはもう少し高く、全身の様々なパーツを一緒にやってもらうと、数十万円から、場合によっては100万円ほどかかることもあります。

一方でサロンやクリニックにはキャンペーンがあります。キャンペーン期間中は、料金がいくらか割安になりますので、クリニックを利用してみたい時は、この期間を利用してみるといいでしょう。

そしてクリニックでの処理は、やや痛みを伴います。無論これにも個人差がありますが、痛みに耐えられない時にはスタッフにそう言うようにしましょう。

肌にダメージが出た時は、薬をもらうことができます。またクリニックで痛みが出なくても、帰宅してから痛みが出ることもあります。

そのような時には患部を痛みがなくなるまで冷やしてから、脱毛をしているクリニックで早めに相談しましょう。そのまま放っておくと、毛嚢炎という皮膚病になることがあります。

ところでプロに脱毛をやってもらうには、実はもう一つ方法があります。

ニードル脱毛

それはニードル脱毛という方法で、レーザーが普及する前は、この方法がメインでした。これは電気針を使って脱毛をするため、かなりの痛みを伴います。

しかしその代わり、脱毛効果はかなり高いです。2度と生えてくることもまずありません。痛みを和らげるため、施術料金には麻酔料金が込みになっていることがあります。

それからこのニードル脱毛の場合は、脱毛したい部分の毛をあらかじめ伸ばしておく必要があります。

ちょっと面倒くさいと思うかもしれませんが、サロンの光脱毛やレーザー脱毛のように、毛周期を気にすることはありません。脱毛したい時に行って処理をしてもらえます。

さらに、サロンやクリニックの場合は、脱毛期間中は日焼けができません。日焼けするとその部分に光やレーザーが反応して、脱毛効果に影響が出るためです。

しかしニードル脱毛の場合は、日焼けしていても処理をしてもらえます。料金は時間によるものと脱毛部位の面積によるものとがあり、いずれもやや高くなります。

ですからずべての部位をニードルでやってもらうのではなく、特定の部位だけをやってもらうようにするといいでしょう。最近はニードルでも、あまり痛みを感じない針も開発されています。

カテゴリー: Uncategorized パーマリンク